東京五輪・パラリンピックの一年程度の延期について    会頭コメント

2020年03月25日

 現在、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大していることを考慮すると、一年程度の延期はやむを得ない判断であると考えます。 
 当所としては、引き続き、横浜市や神奈川県、関係機関等と緊密に連携・協力しながら、延期された大会の成功に向けて尽力してまいります。
 また、政府におかれては、感染症の早期収束に向けた医療・衛生体制の強化とともに、景気の急激な落ち込みに対応した万全な経済財政対策の実施を期待いたします。