安倍総理の内閣改造に関する会頭コメント

2016年08月03日

 安倍総理の下、新しい内閣が決まった。「経済最優先」を標榜し、アベノミクスを推進する安倍内閣においては、大胆な金融政策と機動的な財政政策について、一定の成功を収めたものの、第三の矢である「成長戦略」については、道半ばであると言わざるを得ない。

 成熟社会の中で、経済成長を実現するためには、政府と民間企業が連携して、取り組んでいくことが必要不可欠であると同時に、各省庁が一致団結し、文字通り一丸となって「成長戦略」を強力に推し進めることが望まれる。

 今回の内閣改造によって、「強い経済」を実現するため、有望成長市場分野の開拓や新たな雇用の創出をはじめ、成長産業を支える人材育成、国内消費マインドの喚起、さらには、地方創生を着実に推進していただき、経済活性化に向けた中長期的な課題解決の突破口をつくりあげていただきたい。