第2次安倍改造内閣に望む会頭コメント

2014年09月03日

 今回の「人心一新」は、安倍政権にとって長期政権を実現するための重要なステップであろう。

 現下の経済状況は、消費税率の引き上げに伴う影響に加えて、燃料費や電力料金の高騰、人件費の上昇などのコストアップにより、景気の先行きに不安を覚える中小企業は多く、個人消費の動向も力強さを欠いている。

 新内閣には、「アベノミクス」による成長戦略の本格稼働や年末に予定されるさらなる消費税の引き上げの判断など、難しい舵取りが問われている。

 安倍政権が掲げる「地方の創生」により、地域経済や中小企業の活力を生み、確実な景気回復につなげる取り組みを望むとともに、国民の信頼と期待を裏切らない、しっかりとした政治運営を期待する。