簿記検定試験

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

試験日・申込期間 等

回数 施行級 試験日 申込期間 成績票・合格証書
発送予定日
146 1 ~ 3 6月11日(日) 3月30日(木)~
4月28日(金)
(2・3級)
7月14日(金)
(1級)
8月4日(金)
147 11月19日(日) 9月5日(火)~
10月6日(金)
(2・3級)
12月22日(金)
(1級)
平成30年1月12日(金)
148 2 ・ 3 平成30年2月25日(日) 12月12日(火)~
平成30年
1月12日(金)
平成30年3月30日(金)

試験会場

受験者に受験票でお知らせします。

受験料(税込み)

1級 7,710円
2級 4,630円
3級 2,800

受験料の他に受験級ごとに事務手数料として540円(税込)が必要です。

  • 簿記3級受験料が変更されています。
  • 平成29年4月から、ネット試験方式による初級が創設されます。受験できる会場は日本商工会議所が定める指定教育機関となります。詳しくは日本商工会議所のHPをご覧下さい。

お問い合わせ・お申し込み

検定試験は、東京商工会議所の共催により詳細はこちらからご確認ください。

試験案内(東商ホームページ)