全国商工会議所女性会連合会 拡大理事会に参加しました

2019年07月10日

愛媛県キャラクター「みきゃん」との記念撮影

7月4日(木)、全国商工会議所女性会連合会拡大理事会が、昨年の西日本豪雨災害の被災地支援の一環として、愛媛県「ANAクラウンプラザホテル松山」にて、全国の女性会の会長、副会長、事務局100名余りの参加を得て盛大に開催され、当女性会からは、河原会長、後藤・望月・中村副会長の4名が参加しました。

合同委員会では、愛媛県経済労働部の青野課長より「愛媛県内の被災並びに復旧・復興状況について」、松山商工会議所の中矢事務局長より「県下商工会議所連携による大洲商工会議所への支援について」、そして大洲商工会議所女性会の竹内会長より「災害の実情と復興に向けての思い」が語られ、自然災害の脅威を感じるとともに、県内が一丸となり復旧・復興に向けて尽力されている姿に感銘を受けました。

松山の祝福芸能「伊予万歳」

拡大理事会終了後、会場を移し交流・懇親会が行われました。「伊予万歳」や松山発祥の郷土芸能「野球拳」で会場は大いに盛り上がり、松山女性会の皆さんによる心のこもったおもてなしで、松山を堪能しました。

翌日は、松山市内の視察を行いました。「松山城」や「道後温泉」等、松山ならではの歴史や文化を体感できる名所を巡り、貴重なひと時を過ごすことが出来ました。

路面を走る坊ちゃん列車
道後温泉での記念撮影
現存十二天守の一つ「松山城」