生命共済制度「新型コロナウイルス感染症における病気入院見舞金のお支払対象の変更について」

2022年09月21日

 当所では、新型コロナウイルス感染症と診断され、医師や保健所等の判断により宿泊施設または自宅等で療養を行った場合に、その療養を「入院」とみなし、病気入院見舞金をお支払いする特別取扱(みなし入院)を実施してまいりました。

 今般、政府において、9月26日(月)から新型コロナウイルス感染症にかかる発生届の範囲を、全国一律に重症化リスクの高い方々に限定されることが公表されましたことを踏まえ、発生届の対象とならない方を、新型コロナウイルスに感染したことのみをもって「入院が必要な状態」と判断できないことから、9月26日(月)以降の「みなし入院」による生命共済制度の病気入院見舞金のお支払対象を、重症化リスクの高い下記の方々に限定する取扱いといたします。

            

・65歳以上の方

・入院を要する方

・重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬の投与または新型コロナ罹患により酸素投与が必要な方

・妊娠中の方

          

 なお、9月25日(日)までに新型コロナウイルス感染症と診断された方につきましては、請求日に関わらず、これまでどおり病気入院見舞金をご請求いただけます。

 (※申請の有効期間は発症日を含め180日以内です。)

 また、今後法令の改正等がなされた場合には、必要に応じて更なる対応を行う可能性があります。引き続きご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

           

      

本件お問い合わせ

横浜商工会議所 産業振興部 共済課

TEL:045-671-7411

E-mail:kyosai@yokohama-cci.or.jp