入札王
(入札情報提供サービス)

入札王とは?

官公庁、特殊法人、独立行政法人、地方自治体等の入札・公募情報をインターネットで素早く的確に提供するサービスです。
情報システム、印刷、文具事務用品、調査、広告、清掃等建設だけではなくあらゆる分野の入札・公募情報を提供します。
また、付帯サービスの「落札王子」は、落札結果情報を提供するサービスです。入札王同様に、インターネット上で検索キーや検索キーワードを指定して落札結果情報を検索できます。

  • 検索キーワードの指定は、件名だけでなく、落札会社名に対しても指定できます。
  • 落札結果情報は毎週金曜日に更新されます。
  • 一覧表示された落札結果情報をCSV出力することもできます。

横浜商工会議所の会員でしたら、価格が通常の20%割引でご利用できます。

例えばこんなお悩みはありませんか?

官公庁・自治体の営業を強化したいが、これ以上営業マンを増やすことはコスト面から無理
入札王を導入すれば、毎日自動的に入札・公募情報を入手できるので、低コストで官公庁や自治体の情報を収集できます
営業マンそれぞれ個別の官公庁の入札情報にアクセスしているが、重複や漏れがあって非効率
入札王は、官公庁・自治体から網羅的に入札情報を収集していますので、営業情報を一元的に管理できます
新規の官公庁・自治体の営業先を開拓したいが、どこから開拓すればいいかわからない
入札王で入札・公募情報を検索すれば、どの官公庁・自治体から自社の営業先に適した案件が発注されているか一目瞭然、優先的に開拓すべき営業先かがわかります
過去の落札結果情報を収集して、今後の入札額の参考にしたい
落札王子は落札企業とともに落札価格も収集していますので、入札額の参考にすることができます。

入札王の特長は?

入札王の特徴は、次の3点です。

網羅性
中央省庁の本庁はもちろん、地方の出先機関、中央省庁の外郭団体、47都道府県、東京都・神奈川県のほとんどの市町村の入札・公募情報を網羅しています。
建設・土木や設計業務だけではありません。情報システム、事務機器、医療機器、ビル管理、印刷、広告、調査などあらゆる分野の製品・サービスの入札・公募情報を収集しています。(約5,000機関、8,000サイト以上)
速報性
官公庁・自治体が、ネットに公告情報を掲載した当日、もしくは翌日に情報を取得していますので、迅速な営業対応が可能です。
必要な入札・公募情報は、新着メールを毎日配信しますので、メールをチェックしておけば重要な営業情報を見逃すことはありません。
カスタマイズ性
業種・品目や発注機関、発注地域などの条件設定を行って検索することにより、網羅的な情報から必要な入札・公募情報に簡単にアクセスできます。
入札・公募情報はCSVファイルで保存できますので、情報を独自に編集・加工して社内で一元管理することもできます。

入札情報ってどれくらいあるの?

入札王が平成26年度に取得した入札・公募情報は全国で約100万件にのぼります。発注地域別にみると、東京都が最も多く約14万件、次いで神奈川県が約6万5千件となっています。一般競争入札はさらに拡大しており、入札情報の取得件数は増え続けています。

利用料金はどの程度?

横浜商工会議所の会員ですと、神奈川県1県で年間32,800円(1ヶ月あたり2,733円)、首都圏3都道府県でも年間76,000円(1ヶ月あたり6,333円)とお得な利用料金になっています。

  • 4都道府県以上もご利用できます。
  • すでに「入札王」をご利用されている会員は、途中からの会員価格適用はできませんので、ご注意ください。

利用料金はこちらへ(PDF:59.79KB)

お問い合わせ

横浜商工会議所会員サービス部
TEL 045-671-7431(受付時間:9:00-17:00)