「中堅・中小企業の海外における安全対策セミナー」を開催しました(卸・貿易部会)

2016年11月21日

冒頭に挨拶する岩瀬部会長

 卸・貿易部会(部会長=岩瀬一雄・横浜丸魚㈱代表取締役会長)では、11月18日、聴講者50名余の参加を得て、「中堅・中小企業の海外における安全対策セミナー」を開催した。
 冒頭、岩瀬部会長より挨拶があり、「近年は中小企業の海外進出の機会が増えている一方、バングラデシュでの邦人襲撃のようなテロ事件も発生していることから、企業も十分な安全対策が必要である」と、今回のセミナー実施の背景について説明があった。
 第一部では、外務省領事局邦人テロ対策室 首席事務官 江端康行氏より、「海外における安全確保について~日本企業に対する脅威と政府の対応」と題して、近年の海外におけるテロ情勢や、テロに対する外務省の取り組み、また海外へ渡航するにあたって確認するべき情報などについて解説がなされた。
 第二部では、㈱インターリスク総研 CSR・法務グループ 上席コンサルタント 細井彰敏氏より、「海外赴任者を取りまくリスクと安全対策のポイント」と題して、テロや自然災害をはじめとする海外赴任者が直面するリスクとそれぞれの特徴、企業が備えるべき危機管理体制や対策のポイントなどについて解説があった。
 また、セミナー終了後は講師による個別相談が行われ、熱心に質問する参加者も見られるなど、セミナーは盛況裡に終了した。

【第一部】外務省邦人テロ対策室 江端氏による講演
【第二部】㈱インターリスク総研 細井氏による講演