「第4次安倍内閣発足」に関する会頭コメント

2017年11月02日

10月22日の選挙結果を受けて、第4次安倍改造内閣が発足した。閣僚人事については、8月に発足した第3次改造内閣から全員が再任されたが、安倍首相も期待を込めて命名した「結果本位の仕事人内閣」に対し、当所としても大いに期待するところである。
現在、我が国経済は緩やかな回復基調にあるものの、地域の隅々までその実感が行き渡る状況にはなっていない。今夏の内閣改造時に安倍首相は「経済最優先の政策運営の推進」を掲げており、働き方改革をはじめ、成長戦略を着実なものとするための規制緩和の断行やIoT・AI、ビッグデータ分析、ロボット活用などのイノベーション促進施策の展開、インバウンド需要のさらなる取り込み、人口構造の変化に対応した社会への再構築等に果敢に挑戦し、誰もが実感できる景気回復と確固たる日本経済の確立を実現願いたい。